「いい判子屋さん」が作成する印鑑の特徴と、仕上がるまで

100% 職人による重厚感ある印鑑 いい判子屋さん
初めての方へ 商品ご紹介 お知らせ・お得情報
アドバイス ご注文方法 よくあるご質問
修行を積んだ職人じゃなくても、それなりの印鑑ができてしまう時代となりました。
でも一生使用する印鑑だからこそ手作りがいいと思う。職人だからこそ印鑑作成には少しこだわっています。
印鑑作りで最も重要なこと
字入れをした後で、彫っていく作業が「彫り」になります。
まずは「荒彫り
この段階から数種類の印刀を使って少しづつ印字を形成していきますが、この作業を「仕上げ」と呼んでいます。

「彫り」 と「仕上げ」は、印鑑に命を吹き込む大切な作業なのです。
仕上げが自分が納得できるまで
仕上げを自分が納得いくまで行えば時間は、かかります。
しかし丁寧に仕上げることにより文字に力を持ち線の細い部分は、緻密で繊細な線を形作られていきます。力強さと繊細さのバランスを表現できるのは経験だけです。押しやすく飽きのこない味わいある印影を作るため、「仕上げ」には職人技が必要なのです。
即日発送できないワケ
右の画像は現在も使用している私の大切な道具です。 当店では、字入れの段階において基本文字がパソコン書体の場合は 「通常書体・手仕上げ」と、経験を活かし職人が手で書き上げる 「手書き書体・手仕上げ」 の二通りの作成方法があります。荒彫り以降は、どちらであっても数種類の印刀を使い少しづつ印字を仕上げていきます。
すなわち、字入れの段階は異なりますが 「仕上げ」 部分は、どちらも店主が心を込めて手仕上げをしています。

当店は即日発送できないワケはここにあるのです。
人気は偽造されにくい吉相書体
複雑な線が多くあるため職人の腕の見せ所である吉相書体。この書体は、本来手彫りでないと難しい書体なのです。単純に線を彫ればよいというのであればパソコンでもできないことはありませんが、左の「印鑑ができるまで」のとおり、手書き・手仕上げでないと印影に重厚さや味わいが欠けてくるのです。とりわけ吉相書体の命ともいえるですから、開運となる吉相接点数に大きな違いが出てきます。これは手書きでなければできません。
生涯品質の印鑑
例えば象牙印材の実印ですと、すべて手書き・手仕上げとなりますと、一本に5時間ほどの時間を要します。一人で彫りあげるには時間的に限られているのですから、パソコンや機械を多用する激安店のように即日発送で仕上げるわけには参りません。いくら安くても早くても、字体が粗く彫りが浅いのでは、生涯品質とはいえません。少々時間をかけてでも手書き・手仕上げによる欠けにくい印鑑をお求めになるのが賢明だといえるでしょう。
至急上質な印鑑をお求めの方連絡下さい
どうしても近日中に登記しなければならなくなったので、実印を早々に作って印鑑登録をしなければならない。だけど永く使うモノだから、絶対“いい印鑑”を作りたい。そんなお急ぎで“いい印鑑”が ご入用の方は先ずは電話ください。ご相談に応じます。
※商品によっては時間的にご希望に添えないこともありますのでご了承ください。
スペース 実印・銀行印などの印鑑に関してのご質問はいい判子屋さんまでお気軽にご連絡下さい
印鑑ができるまで
面すり
下準備としてまず印面を砥石や目の細かい紙やすり等で整えます。簡単な作業に見えますが水平に面すりをするのは結構、難しいものです。でも、これを怠ると綺麗に捺印出来ません。
すみ打ち
次に字入れ字体を見やすくするためと同時に仕上げの作業をしやすくするために墨打ちをします。
パソコン・手仕上げ
パソコン書体を使って基本の字入れをし、画面を見ながら文字の手直しをし同時に文字の太さ彫りの深さなども決めます。
この作業も手を抜かず時間を費やします。
荒彫り
荒彫りの仕上がりです。ここからは数本の印刀を使いこなし、少しずつ印字を手仕上げします。
これより数本の印刀を使い 少しずつ印字を仕上げて いきます。ここからは 手書きと全く同じ仕上げをします。
下矢印

出来上がりです!
通常書体は直線的なイメージで全体に丸みが少ない。元来、職人ですから文字が書けますので時間は、かかりますがパソコンの画面上で修正致しております。だから他店のようにパソコン書体だと同じ印鑑ができてしまうからダメだとは申しません。
ただ修正工程に時間を掛け過ぎると自分の手で書き上げた方が早くできあがってしまいます。

表示価格差は1本の印鑑を仕上げるまでに要した時間差と技術料金だとも解釈して下さい。

特に書体・開運が気になる方には手書きがお薦めです。
手書き・手仕上げ
全体のバランスを考え吉相接点数等を決めながら何度も何度も下書きをします。 出来の80%が決まるほど大切な作業です。
手書き・手仕上げ
字入れは手作業で進めますが熟練の業が試され
当店独自の価格差はココにあり、ある意味最も時間を費やす作業とも言えます。
手書き・手仕上げ
荒彫り
荒彫りの仕上がりです。ここからは数本の印刀を
使いこなし、少しずつ印字を仕上げしていきます。
息を凝らして真剣に手仕上げ中!文字通り印鑑に命を吹き込む作業です。

出来上がりです!
手書きの吉相書体などは特に開運に結び付くように吉相接点数等をはじき出しながら今までの経験を生かして書き上げております。
丸み・温かみは手書きでしか出せません。
パソコン書体・手仕上げ
通常書体<パソコン書体>の吉相書体ですが、
この手法の場合は吉相の接点数は出ません。
手書き・手仕上げ
職人による手書きの吉相書体です。
接点数は13画で吉相となっております。
茶線 熟練の職人が作成する 「いい判子屋さん」
特定商取引法に基づく表記
送料について・お支払いについて

実店舗:富田印章堂/印刻士 : 冨田正之
岐阜県不破郡垂井町1555-1
TEL : 0584−47−7831/0584−22−0131
FAX : 0584−23−4351
e-mai:info@e-8583.com
Copyright (C) 2008 いい判子屋さん All Rights Reserved.