印鑑の種類と役割を、わかりやすくアドバイスいたします。

100% 職人による重厚感ある印鑑 いい判子屋さん
初めての方へ 商品ご紹介 お知らせ・お得情報
アドバイス ご注文方法 よくあるご質問

印鑑の種類

書類の手続きは省略化されてきましたが日本社会では印鑑が重要な役目を成しております。

思い当たりませんか?
  • 実印と銀行印が同じ印鑑ではある。
  • 時間が有る時に改印するから」とりあえず身近にある印鑑で実印登録してある。
  • 資産は無いから自分はトラブルに巻き込まれることはない!
印鑑種類 印鑑の種類・役割を、参考にして下さい
個人印鑑
 * 実印 *銀行印 *認印 *訂正印

会社【法人】印鑑
 *実印 *銀行印 *角印 *役職印 *割印
個人印/実印
実印とは、お住まいの市区町村役場に届け出しの手続きをし受理された印鑑のことをいい、あなたの財産や権利を守ってくれる大切な印鑑です。立派な印鑑であっても登録手続きが完了されていませんと実印とみなされませんのでお気をつけ下さい。
登録の条件は印鑑登録をご覧の上参考にして下さい。 実印印影
ただし市区町村役場によっては、名前のみの印鑑を実印登録できない場合もあるようですので、市区町村役場に、ご確認の上作成、登録して下さい。
「印鑑証明書を付けて下さい」と言われた時には、この印鑑を使用します。
印鑑を捺して契約が成立すると同時に法的にも責任が発生します。男性・女性・年齢を問わず、とても重要であり軽率に捺しては、いけないと考えて下さい。

車・土地・家・マンションの購入・相続・長期の保険契約等に使用しますが、「これは重要だな」と思われたら証明書を添付しない書類であっても実印を使用して下さい。
実印は届け出た人だけの物ですから昔のように1本の印鑑を家族で共用する事は出来ません。

偽造されないために、姓と名前を入れた手作り印鑑で登録されることをお勧め致します。

個人・実印について 個人用実印のご購入は、こちらです。
個人印/銀行印
銀行印とは金融機関 (銀行・郵便局・農協他) に口座を開設される時、普通預金・定期預金・郵便貯金など金銭の出し入れに使用する大切な印鑑です。
銀行印印影
銀行印は、実印と違い市町村役場へ登録する必要はありませんが実印と併用されると紛失した場合には全ての金融機関に紛失届えお提出し再登録を し直さなければなりませんので別にして下さい。

口座名が別であっても同一の印鑑を兼用した場合、贈与税など課税対象になる可能性があります。
ペイオフ対策の ひとつとして夫婦でも別々の口座、銀行印を持たれる家庭が増えています。

銀行印は、姓または名前のどちらかで作成します。

個人・銀行印 個人用銀行印のご購入は、こちらです。
銀行印に適したサイズは、こちらです。
銀行印に適した印材は、こちらです。
実印登録は名前だけでも、できます。
女性用印影姓<名字>で実印登録した場合、姓が変わると登録印鑑は使えなくなってしまいます。
名前で登録しておけば印鑑は、一生実印として使用することができます 女のお子様ですと結婚後も印鑑を変えることなく、そのままずっと使用していただけますので名前で彫られても良いでしょう。
当店は生涯保証の印材を使用しておりますので誕生時に作成されても、ずっと使用していただけます。
個人印/認印
認印とは文字通り 「認めました」しるしとして使う印鑑で一般事務などに幅広く使用します。認印印影
一般的には姓のみを彫刻しますが一目で区別がつくように銀行印の一回り小さなサイズが好ましく仕事印もこの仲間に含まれます。

印鑑の大きさは10.5ミリ〜12ミリ丸サイズ、印材は耐久性がある牛角・黒水牛、誰の印影かが判明しやすいよう書体は古印体が好ましいでしょう。
使う頻度が多いため紛失したり盗難にあうことも考慮して 実印や銀行印とは別にされることをオススメ致します。
どの印鑑にも言えますが例え認印でも捺印した時点で責任が伴いますので気をつけて捺印してください。

個人・認印 個人用認印のご購入は、こちらです。
認印に適したサイズは、こちらです。
認印に適した印材は、こちらです。
個人印/訂正印
訂正印とは小さな文字で書かれている帳簿や伝票を修正する時に使用する、小さな印鑑です。
訂正箇所に元の文字が読めるように二本線を引き正しい文字を記載し訂正印を捺印します。

契約書類上などで使う場合は訂正印は使用せず実印・銀行印などを使用します。もちろん正式な書類の訂正ですからインキ形式のシャチハタは使えません。
ただし社内間での伝票などミスを訂正する場合は使用できる時があります。

ミスのないよう慎重に記載し、なるべく訂正印は使わなくても良い様にしたいものです。
スペース 実印・銀行印などの印鑑に関してのご質問はいい判子屋さんまでお気軽にご連絡下さい
会社・法人用/実印
会社を設立時に法務局に登録する代表者印、会社の実印に当たります。
個人の実印は、市役所や区役所に届出をしますが会社の実印は法務局に届出をします。
登録できる印章は1〜3cm以内の正方形に納まるサイズと規定されています。
役職名だけ彫刻するものと、役職名の回りに法人団体名を彫刻する回文があり、他に社名と役職名を縦に並べる場合もあります。おもに重要な契約書や諸官庁への届出に使用します。

印鑑を作成する前にご注意ください。
設立する際や本店を移転する時には、その設立先や移転先の法務局で類似商号の規定に抵触する会社がないかを事前に調べて下さい。過去、印鑑一式作成されたのに登録できなかった事例がございました。彫り直しは、できますが最初からつまずくのは縁起が悪いから…と新しい印材で彫られました。

外枠には 「株式会社○○○○○」 「○○○○株式会社」と会社名が入ります。

会社印鑑の入れ方

内枠には 「代表取締役」「取締役社長」「代表取締役社長」などの役職名が入ります。
この印鑑は、代表者が替わっても印鑑はそのまま生き続け正に会社の実印です。

代表者の内1人の印鑑だけを法務局に登録すれば良い。
実印は個人の場合、一人に1本しか持てませんが会社の場合、代表取締役が二人以上いれば各人が持つ事ができます。その場合には代表者の内1人の印鑑だけを登録すれば良いのです。
注意事例〕 代表取締役Aは印鑑1を登録し、代表取締役Bは登録しない。
この場合は、会社の実印を押せる代表取締役はAだけで、代表取締役Bの印鑑では会社の実印を押せない事になりますので登録前にどの印鑑を登録印にするかを熟慮してください。

届け出の際、印鑑届書用紙に押印しますが、印影がにじんでいたり欠けた部分があると法務局で受付して貰えない場合がありますので、気をつけてください。

印材は、象牙・牛角・黒水牛・本柘等天然素材ですので何れも、いいですが使用頻度と印材の特徴とを踏まえて選んで下さい。
■■ 商品紹介ページはこちらです。
会社・法人用/銀行印
企業が銀行と取り引きをするために届け出を行った印鑑が法人銀行印です。
小切手や手形の振り出しなどする時には、必ず必要となる印章です。財務全般に関わる印章であり、その重要性は代表印と同格といっても過言ではありません。使用する頻度も高く、実印 〔代表者印〕とは別に作成されたほうが安全です。 法人 銀行印
外枠は実印と同じく会社名を入れますが内枠は、「銀行之印」 「代表取締役」 「経理部長」 「経理之印」と入れますが個人名は避けられた方がいいでしょう。
会社の財産を守る重要な印鑑ですので厳重に保管して下さい。
印材は、黒水牛・オランダ水牛・象牙・本柘で、考えようによっては実印より押印の回数が多いので黒水牛・牛角印材が良いでしょう。象牙は少々不向きです。

■■ 商品紹介ページはこちらです。
会社・法人用/役職印
会社によっては外部への注文、社内決済などの際には「○○部長」「○○課長」など役職名入りを また内部には「事務所長印」「支店長印」など自分の立場を表す印鑑を使用します。
いずれも責任の所在を明らかにさせる意味合いから役職印が使用されます。

■■ 商品紹介ページはこちらです。
角印・社印
社印は個人の認印に相当する印章で、そのかたちから角印とも呼ばれます。「○○○株式会社之印」などと会社名を入れますが全体の文字バランスをみて「之印」や「印」の文字を入れて調整をとります。
公官庁の書類には角印の必要性を求められる場合があります。法人や団体の契約書、請求書、領収書など日常業務に頻繁に使用しますので他の法人印と同じく取り扱いに注意が必要です。しかし印鑑の役割からして認印でありますので過度に立派過ぎる必要性はありません。印材は黒水牛・本柘・牛角が良いでしょう。

■■ 商品紹介ページはこちらです。
職 印
職印とは、司法書士や行政書士、弁護士など「士業」の業務で使用する印鑑のひとつです。
職印 職名と姓名を入れます。例えば「司法書士○○○○之印」

副 印
取引の契約など、代表者印と同じような用途に使われる会社の印鑑の一つに、副印があります。
形も代表者印そっくりですが、副印は法務局に登録された会社の実印ではありません。社の支社・支店に置かれているケースが多く、長年の商慣習として、実際の取引に多く用いられています。
ページの先頭へ
空白
茶線 熟練の職人が作成する 「いい判子屋さん」
特定商取引法に基づく表記
送料・お支払いについて

実店舗:富田印章堂/印刻士 : 冨田正之
岐阜県不破郡垂井町1555-1
TEL : 0584−47−7831/0584−22−0131
FAX : 0584−23−4351
e-mai:info@e-8583.com
Copyright (C) 2008 いい判子屋さん All Rights Reserved.